健康オタク美容師のたわごとひとりごと

健康オタク女性美容師です。日々髪を切りながら考えていること.

中だけ軽くのワケ

髪を切るときに、

毛量が多い人は量を減らしたいので「軽くしてほしい」と言いますね。

 

軽くするということは、すきばさみを使ったりふつうのシザーをいろんな使い方で切り落としていく行為ですが、

基本的には作りたい髪型の形をまず作った後にいらない部分を削ぎ落とします。

その方法によっては同じ形でも、スタイリング剤をつけることで束感が出やすくなったり、軽いのにツヤがあったり、逆にツヤ感をなくしたり、不揃い感を出して固そうに見える髪をやわらかそうに見せたりできます。

質感をコントロールするということです。

 

この削ぎをしすぎて髪の表面に短い髪がたくさん出てきたり、痛んで見えたり、

実際に髪が引っかかったりするようになると、扱いにくくなり、トラウマになり、

中だけすいてほしいというオーダーになったりします。

 

ところが、お客様のカットベースを見ると、中の方ばかりスカスカになっている状態の上に重いトップの毛がばさっと覆いかぶさっていて不自然であったり、

レイヤーが入っているのに中だけ軽いので、全体のバランスが結局、上の方が重くなっていておかしなことになっている状態もよく見ます。

 

私が思うのは、トップもそこそこ軽くした方がバランスがいいと思うのです。

トップを軽くすると確かに表面に短い毛が出てきたりツヤがなくなるかもしれませんが、結局のところすき加減なのでは?と思います。

特に頭が大きかったりハチが張っていたりすると中だけ軽くしてもあんまり変化は出ません。

 

 

satoptheworld.hatenablog.com

 

逆に過剰にすくことを嫌がる美容師もいますが、

すかない髪型は、髪質にもよるけど、髪が多毛で硬い人にやると、

より硬いイメージになってしまいます。ラインも硬いし、モードならありかもしれませんが、頭だけどこか切り取って貼ってけたような不自然さ。

ファッションと髪が合っていないというような。

 

結局、髪は必要に応じて軽くした方が良いし、

髪が多毛で硬い人にとっては、髪は軽くて少ない方が垢抜けて見える。

そして柔らかくも見える。