健康オタク美容師のたわごとひとりごと

健康オタク女性美容師です。日々髪を切りながら考えていること.

卵酒を作ってみた

3月。

忙しい忙しいと言っていましたが
ちょっと落ち着いたと思ったら、
うっかり風邪ひきました。
 
喉が痛い。
さっき一瞬で痛くなった。
寒い!
風邪決定。
気の緩みでひいてしまったようです。
 
そこで、ずーっと気になっていた卵酒を作ってみました。

 

getnews.jp

 

 
昔読んでた少女まんがに、
風邪ひいたお見舞いに恋人が卵酒作ってあげる!みたいなくだりあったのを思い出して。
(私は自分で作ります)
 
風邪ひいたら基本、胃に食べ物を入れないほうが消化にパワー使わず、風邪の回復に集中できるらしいけど、
今はまだひきはじめといった感じなので、
若干食欲ある。
 
 
大根、白滝、牛すじのおでんを買う。
ゆず胡椒つけてもらう。
 
ちょうどいい。やっぱり味はしない。
風邪。
 
そして、、、
 
 
 
 
レシピみるのもめんどくさくて、
とりあえず、身体を温めそうかなと思い、
日本酒コーナーへ。
 
でも、今のところ、卵酒が美味しいとは思えなかったので、かなり安いお酒でお試しサイズ、、と目線をずらすと。。
 
 
f:id:satoptheworld:20160320233420j:image
 
小パックで100円くらい。安い。
響もいい。
まじ、ころしてくれ!ウイルスを!
 
 
これに、まさに、今日、卵酒を作るためにとってあったのであろう赤玉のビタミンE豊富な卵で、卵酒を作ってみた。
 
f:id:satoptheworld:20160320233917j:image
 

適当に泡立てながら、はちみつと熱でとばした鬼ころしを少しずつ注ぎ入れ、

 
思い出したのでこんなものを。。f:id:satoptheworld:20160320234045j:image
 
うわーぜったい不味くなる。
というか、むしろ金時しょうがだけでも良かったんじゃないかと思うけど。
 
とりあえず出来た卵酒を飲んでみる。
 
不味い。
 
半分残した。
 
そのあと、よせばいいのにアルコールを飛ばすのが足りなかったかと思い、ちょっとだけレンジに入れる。
 
15秒。
 
あっ。。
 
ビジュアルが良くなかったので写真はとりませんが、
 
甘い、日本酒の茶碗蒸しみたくなった。
 
勇気を出して食べてみると、
 
やっぱり不味い。
 
卵酒作ったり、食べたり、写真撮ったり、コチャコチャやってるうちに若干元気になる。
 
 
 
 
ふつうに白湯に戻す。
 
 
 
効くのかはわからない。
 
というか、全部飲みきるのは不可能。
 
ただ、昔からよく風邪には卵酒っていうけれど。