健康オタク美容師のたわごとひとりごと

健康オタク女性美容師です。日々髪を切りながら考えていること.

足先を使って身体に革命を!〜アフリカンの走り方でほっそり美脚を目指す

以前、ほんまでっかTVでもやっていたんですが、

フォアフットっていうアフリカンのランナーの走り方の

つま先着地をして走ると脚が細長くなっていくという内容が放送されていて、

印象深かったので、

実践してみたら、結構怪しいんですよね、様子が。。。

 f:id:satoptheworld:20160302211403p:image


でも違う番組でスロージョギングのつま先着地の特集をしていたので

どうやらつま先着地で走るのはいいのかもしれないと思い始めて早速やってみることに。

スロージョギングで得られるメリット

 

  • ウエストのサイズダウン
  • 体重も落ちる
  • ウエスト周りの脂肪燃焼に効果があり、内臓脂肪を減らしメタボにも効果がある
  • 通常の運動でつきすぎてしまう筋肉がつきにくく、ほっそりした体型になる
  • 腰痛持ちの方にオススメ。負担が少ない
  • 頑張らなくていい!!!

フォアフット着地は足の指の付け根あたりの、ちょうど足の3分の1くらいを使う着地方法です。

このスロージョギング法を提唱している福岡大学の教授、田中宏暁氏の方法は

 

ニコニコ笑って会話できるくらいの余裕ができるくらい遅く歩くスピードくらいで膝を曲げずに足の付け根で着地して真下に押すように進む走り方です。

上半身はまっすぐ、上から紐で吊るされてるようなイメージでピンとして、どちらかの方足が自然に前に出るくらい前傾してから走り始めます


通常、有酸素運動は20分以上継続してから効率よく燃焼する説が一般的な考えでしたが、この走り方であれば1日に10分を何回かに分けてとか、疲れたら休んだり止めても効果に影響しない。

最初は1日30分を目標にすると良い。

 

www.yomiuri.co.jp

 

 

スロージョギングで人生が変わる (廣済堂健康人新書)

スロージョギングで人生が変わる (廣済堂健康人新書)

 

 

歩くか走るか

歩くと常にどちらかの足が地面についているので自分の体を支える体重の負担がそれほどかからないのに対して、

走るということは両足が一瞬空中に浮いている状態なので、

着地するときに足に衝撃の負担がかかってしまいます。

そのせいで走ると膝を痛めたり、腰が痛くなったりしてしまうのです。

フォアフット着地の衝撃の大きさはかかと着地の3分の1まで衝撃を和らげてくれる。

 

 走ってみた

外で走るには周囲の目がきになる。

息が上がらないので疲れた感じがしない。

じんわりと汗をかく程度でがんばった感がないのがいい。

なかなか景色が変わらない笑

多分傍目から見たらおかしい。

 

続けると身体がすっきりしてくる。

横についているどの部位なのかわからない部分の肉が取れる!!!

ふくらはぎが痛い!

なんかモリッと筋肉ついた!

(ふくらはぎに筋肉がつく)

 

着地方法を変えるだけで、足の方から全身までいろんな影響があり、体型まで変えてしまうということを割と短期間で実感できる。

 

 足先を使って身体に革命を!!!

satoptheworld.hatenablog.com