健康オタク美容師のたわごとひとりごと

健康オタク女性美容師です。日々髪を切りながら考えていること.

髪を売る女〜捨てる髪あれば拾う髪あり〜

髪を売る女(ひと)サザンの曲タイトルみたいだけど^ ^

最近巷で、いや、日本の一部の地域で、質の良い髪を売るビジネスがあるそうです。

テレビタックルでもやってました。
30歳までの女性の毛で、若いほど、バージン毛ほど高く売れるみたいな。
今は、2016年の日本。だけど発展途上国のような話。中国に売ったりして、良質なウイッグを作って、また逆輸入。



中国では、人毛売買が根付いていて、知らない大人がやってきて、髪の長い娘の毛束を根元付近から掴んで、裁ちバサミみたいなでっかいハサミで

ヂョッキン!f:id:satoptheworld:20160209101209p:image



と切ってしまい、日本円で5万くらいだったかになって、髪とかガタガタで可哀想だったけど、その娘は満面の笑みで、家にお金を入れるのー!って喜んでいて、泣ける、、



で終わればいいんですが、




そのザクザクの頭をその時にちゃんとしたショートにしてあげるビジネスが流行ってるって、


や、普通だから!って思った。ザクザクのままでいられないだろ!
そこでもまたお金とるんかい!
中国ひどいな、、、と思っていたら、日本人もやりはじめた。

でも、テレビで見た日本人はお世辞にもいい髪質とはいえず、パーマもかかっていて、長さも中途半端で、たしか売り上げはたったの200円位だった。

これを比べると、日本人の方がいやしいような、そこまでして、お金欲しいかと思ってしまう。中国とは状況が違うし。
まあ、売れるものならなんでも売りたいんでしょうけど。。。